【夜限定】時短で脱毛を受ける賢い女性の選択とは?

夜遅くまで脱毛が受けられる医療クリニック

公式HP 受付時間 遅刻・キャンセル 予約システム 施術時間(目安)


アリシアクリニック

11:00〜22:30(都内)

11:00〜20:00

ペナルティー無し

 

※予約した際に終了時間が決まっているため、遅刻した際は施術部位を減らして照射するか、後日予約の取り直しとなります。

WEB予約システムあり

(WEB上で予約の取得・変更・空きの確認が可能)

 

※ただし、コースによってはWEB予約システムを利用できない場合があります。その場合は電話もしくは店舗での予約となります。

全身「2時間〜」

全身を3分割の場合「上半身45分・下半身45分」
両脇「5〜10分」
VIO「30分」
脚脱毛「40分」
腕脱毛「40分」

レジーナクリニック
レジーナクリニック

12:00〜21:00(月〜金)

11:00〜20:00(土日祝日)
定休日なし(年末年始・臨時休業日除く)

ペナルティー無し

 

※ただし、キャンセル期日を過ぎると脱毛1回分消化となります。期日は前日の20時までとなっています。当日キャンセルになるとコース1回分消化となるので注意しましょう。また、15分以上遅刻した場合も1回分消化となる場合があります。

電話・来店での予約

 

※状況によっては2つ先の予約まで可能だったり、既存のお客さんを優先するシステムとなっており、比較的予約は取りやすいと評判です。

全身(顔・VIO含む)「2時間30分〜」

全身「1時間30分〜」
両脇脱毛「30分」
手足脱毛「1時間30分」

 

※1度の来院で全身全てを脱毛照射することが可能です。

スタンダード月額
リゼクリニック

午前10:00〜14:00

午後15:00〜20:00

 

※新宿院では火曜日は21時まで診療時間が設けられています。

ペナルティー無し

 

※無断キャンセルは脱毛1回分消化、電話連絡の場合は当日キャンセルでもペナルティーはありません。

予約フォーム・電話・来院での予約

 

※予約フォームについて、ウェブ上でその場で予約を確定させることは出来ないです。予約フォームからメールを送って、返信されて確定です。

顔全体「約45分」

上半身「約1時間30分」
下半身「約1時間」
VIO「約30分」

 

※1回の来院で全身全ての施術は基本行われていません。理由としては、体への負担や予約の取りやすさの為だとされています。

※変更されている場合がありますので、詳細は公式HPでご確認下さい。

 

アリシアクリニック

 

忙しい女性にとって、当日であってもキャンセル料や回数消化などの「ペナルティーが発生しない」ことは非常に助かります。急な残業や会合などで予約に遅刻したり、キャンセルしたり、自分が思うようにことを進めることは難しかったりします。アリシアなら非常に融通が利いて便利です。

 

1回の施術時間については部位によって時間が変わります。その為、もし遅刻してしまった場合などは「予約していた残りの時間分(30分予約していて5分遅れたら残り25分施術)」してもらえるか、後日あたらめて予約を取り直して通院するかのどちらかになります。

 

予約のキャンセルについては、前日の20時までであればネット上で予約の変更が可能です。当日のキャンセルや変更に関しては、電話での対応となります。繰り返しますが、当日キャンセルでもアリシアクリニックでは特にペナルティーは課せられません。

 

電車の遅延などの際には証明する書類があれば特別対応の可能性もあるとかないとか…。

 

キャンセル規約は「前日の診療時間内まで」となっています。しかし、当日の場合でもキャンセルは可能ですし、ペナルティーもないので安心と言えば安心ですが…。だからといって無断キャンセルなどの動議に反した行為は止めましょう。

 

WEB上で予約を取得したり、変更したりすることが可能になっています。忙しい女性にとっては、営業時間内に電話するのが難しいこともあるでしょう。その点、アリシアクリニックであれば都合がいい時間にスマホから予約を操作できるので便利です。

 

ただデメリットとして、関東圏を中心に運営がなされており、その他の地域の人だと通えない距離にあることです。逆に通える範囲にお住まいであれば、他よりも遅くの時間まで施術が受けられるアリシアクリニックは一押しです。

 

 

レジーナクリニック

 

レジーナクリニックも新しい脱毛クリニックでありながら、急激にユーザーを獲得しています。私も含めてそうですが、仕事をする忙しい女性などには遅刻・キャンセルのペナルティーが重たいのはデメリットです。

 

その点、レジーナクリニックでも基本ペナルティーは無しになっています。「キャンセル期日」というものが設けられていて、予約の前日20時までに連絡してキャンセルすれば回数消化や罰金は発生しません

 

逆に当日キャンセルなどの期日を過ぎてしまうと、脱毛1回分消化扱いとなってしまうので注意しましょう。あと、予約の時間に15分以上遅刻した場合も同じく1回消化扱いとなります。

 

予約に関しては、基本電話もしくは来院した際に受付で行う形となります。既存ユーザーの予約をスムーズにとる為に、次回だけでなく次々回の分まで予約が取れたり、看護師の数を増やしたりと積極的に工夫がなされています。

 

ちなみに、医療脱毛クリニックは「痛い」ということで避けている方も多いと聞きますが、レジーナクリニックでは痛みが少ない器具を使っているだけでなく、表皮麻酔・笑気麻酔などの麻酔薬に関しても無償で対応してもらえます。

 

基本的に休みもなく、夜21時まで施術が可能であり、夜限定で脱毛を考えている女性にも非常に選ばれているクリニックです。東京、大阪、名古屋、福岡に院を構えていますが、今後も徐々に増えていく予定だそうです。

 

レジーナクリニック

 

リゼクリニック

 

リゼクリニックは全国展開の大手脱毛クリニックです。全て女性医師、看護師により運営されており、基本20時までの診療時間となっています。例えば新宿院であれば、火曜だけ21時まで、その他は20時までとなっています。

 

予約キャンセルや変更に関して、無断欠席でなければペナルティーは無しとなっています。借りに無断で欠席した場合には、1回分消化扱いとなります。

 

リゼの規約では「予約日の2日前の20時までに変更の連絡を入れること」となっていますので出来る限り守って他のお客さんに迷惑がかからないようにしましょう。

 

ちなみに、最近ではLINE@でキャンセル情報が確認できるようになり、例えば休日の予定が急になくなって脱毛行きたいなぁって時などに都合が合えば予約が取れるようになりました。リゼでも予約の取りやすさについては、日々努力がなされています。

 

リゼクリニックのメリットとしては、院数が多いので通える人が多いということ、費用は業界でも低価格帯であること、あとはコースの有効期限が長いことです。

 

特に忙しい女性にとっては、有効期限が「5年」設けられているリゼクリニックは安心して通えるのでお勧めです。2年などの期限だと、医療脱毛であれば普通に通えば回数を消化できる期限になりますが、忙しくてなかなか回数がこなせない場合などはストレスになります。

 

リゼクリニックでもWEB上での予約は可能ですが、ちょっとだけ注意が必要です。それは、メールフォームになっていますので、その場で予約を確定させることは出来ません。折り返しの確認メールを待って、予約完了という流れになります。

 

スタンダード総額

夜遅くまで脱毛が受けられる脱毛サロン

公式HP 受付時間 遅刻・キャンセル 予約システム 施術時間(目安)
脱毛ラボ 10:00〜22:00(都心)

10:00〜20:00

1,000円+1回分消化

※施術予約日の2日前の夜8時までに連絡すればペナルティー無し

WEB予約システムあり 全身「60分〜90分」
ストラッシュ 10:00〜22:00(金土)

11:00〜21:00(日〜木)

1回分消化

※予約日前日の20時までに連絡すればペナルティー無し

電話・来店で予約 全身「60分」

両脇「10分」

ミュゼプラチナム 10:00〜20:00 ペナルティー無し

※予約時間の24時間前を切ってしまうとコースによっては、キャンセルした1回分が解約時の返金保証対象外になる、10分以上の遅刻で予約取り消し

予約システムあり 全身「90分」

Vライン「20分」

 

脱毛ラボ

 

全国に店舗展開している脱毛ラボは、店舗ごとに営業時間が異なります。繁華街や都心部にある店舗は「10時から22時」で、ショッピングモールなどに入っているテナントだと「10時から20時」までというのが平均的な営業時間です。

 

予約時間の遅刻やキャンセルのペナルティーは、タイミングによって変わります。ペナルティー無しの予約キャンセルの期限は施術予約日の2日前の夜8時までです。しかし、これ以降になると施術予約日1日前の夜8時までの連絡で1000円の追加料金がかかります。さらにこの時間を過ぎてしまうと当日キャンセル扱いになるため、施術1回分消化となってしまうので注意しましょう。

 

ちなみに遅刻はどんな理由であっても、無断キャンセルとなるので施術1回分消化のペナルティーがあります。予約方法は、公式サイトからのWEB予約もしくは電話での予約が可能です。部位別の施術時間は毛量や毛質、施術を受けた回数によって変わりますが、全身脱毛の場合は60分から90分が目安になります。

 

ストラッシュ

 

ストラッシュの営業時間は地域によって異なります。東京・神奈川の店舗は日曜から木曜までが「11時から21時」、金曜土曜は「10時から22時」となっています。これ以外の店舗は曜日に関係なく「11時から21時」というお店が多いですね。

 

予約キャンセルに関しては、予約日前日の20時までに連絡をすればペナルティーはありません。しかし、これ以降は当日キャンセル扱いになるため、連絡をいれても無断であっても1回分の施術が消化となってしまいます。

 

遅刻の場合は、20分以上だと施術が受けられませんし、当日キャンセルと同じ扱いになるので施術1回分が消費されます。ただし公共機関の遅延などの場合は、電話連絡をすればペナルティを配慮してくれたり、予約時間以降空きがあれば施術を受けられる可能性もあります。その際には遅延証明書が必要なので、必ずもらっておきましょう。

 

予約は店舗に直接電話する方法となりますが、施術を行った日にそのまま次の予約をすることも可能です。希望日の予約を取るには店舗の方が確実なので、予めスケジュールを確認しておくのがおすすめです。施術時間は全身脱毛だと約60分、両ワキ脱毛なら10分ほどを目安にしておくといいでしょう。

 

ミュゼプラチナム

 

ミュゼプラチナムの営業時間は「10時から20時」がベースですが、店舗によって違うので最寄りのお店に確認しましょう。予約キャンセルは、予約時間の24時間前までにしておけばペナルティーはありません

 

24時間を切ってしまうと、数回分をまとめて契約するコースの場合、キャンセル分は解約時の返金保証対象外となります。ただし回数無制限コースであれば特にペナルティーはないので、連絡だけ入れておけば問題ありません。

 

予約方法は、会員になれば会員サイトから予約できますし、電話でも来店時でも可能です。会員になっておけば、予定変更も当日予約もできますし、予約日が近づくとお知らせメールも届くのでおすすめです。施術時間の目安は、全身脱毛であれば約90分、Vラインなら20分となっています。

医療脱毛とサロン脱毛の違い!あなたに最適なのはどっち?

脱毛をしようと決めたら、まず迷ってしまうのが医療脱毛とサロン脱毛のどちらを選ぶかということですね。どちらも脱毛のプロが施術をするのは同じですが、細かい点で違いがあります。その違いを理解していないと失敗することもあるので、事前に確認しておきましょう。

 

脱毛医者

 

どちらの方の効果が高い?

 

医療脱毛では医療用レーザー脱毛、サロン脱毛では「光脱毛」での施術が主流になっています。これらの脱毛器の違いは「出力レベル」にあります。医療用レーザー脱毛は、医療資格を持っている人しか使えないので、その分高い出力レベルでの照射が可能です。

 

一方、光脱毛は極端に言うと誰でも使えることを前提に開発されていますから、安全のために低い出力レベルに設定されています。当然ですが、毛根に大きなダメージを与えるのは高い出力レベルなので、医療脱毛の方が効果も高くなります。

 

施術回数を少なくするには?

 

施術の回数は少ない方が費用も安く済みますし、脱毛完了までの期間も短くなりますね。全身脱毛を例に比較してみると、医療脱毛の場合は6回から10回で完了します。サロン脱毛では10回以上で毛質や毛量によっては18回以上かかることもあるそうです。

 

といっても、求める効果によっても回数は変わってきます。例えば自己処理が必要ないという程度で良いという場合は、サロン脱毛でも少ない回数で完了します。同じ回数で比較すると、医療脱毛ならつるすべの状態になりますし、サロン脱毛なら今より毛量が減るという効果を得られます。ですので回数に関しては自分が求める効果によって変わります。

 

痛みはどちらが強いの?

 

痛みの強さは、医療脱毛とサロン脱毛ではまったく違います。医療脱毛は出力レベルが高く、毛根を破壊するほどの熱を発生させるため強い痛みが生じます。サロン脱毛は出力レベルが低いだけに、発生する熱量も少ないので痛みをほとんど感じません。

 

またサロン脱毛ではジェルなどを使ってケアを行うので、その分痛みが軽減されます。ですが医療脱毛では麻酔クリームなど麻酔を使えますから、実際の施術では大きな違いはないでしょう。

 

医療脱毛とサロン脱毛の費用相場

 

近年は医療脱毛もサロン脱毛も価格競争が起こっているので、費用はどんどん安くなっています。そのため医療脱毛とサロン脱毛は、部位別で見るとほとんど違いはありません。ただ全身脱毛で比較をしてみると、サロン脱毛は約20万円が相場なのに対し医療脱毛は約40万円と倍近く違ってきます

 

この費用相場だけ見れば、サロン脱毛の方がお得です。ただし脱毛効果は医療脱毛の方が高いですし、完了までの期間や通う回数なども考慮して検討しましょう。このように、医療脱毛とサロン脱毛ではそれぞれに違いがあります。ですので自分にとってメリットの多い方を選ぶのが、お店選びを失敗しないコツとも言えるでしょう。

賢い女性がチェックする!夜脱毛の注意ポイントとは?

痩身エステほど頻繁に通う必要はないものの、脱毛も定期的に通わなくてはいけません。そのため、忙しい人はしっかり通いきれるか、予約日に仕事などで行けなくなったらどうすればいいかなどの不安もあるでしょう。ですがこれからご紹介する4つのチェックポイントを押さえておけば、お店選びで失敗することはありません。

 

熟考する女性

 

通いやすい立地にあるか

 

意外に見落としがちですが、「立地」というのはとても重要です。無料カウンセリングに行くだけなら特に問題ありませんが、定期的に通うとなると交通の便が悪いところでは不便です。通いやすい場所というと、自宅近くを想像するかもしれません。

 

ですが立地に関しては、どういった時間に脱毛するのかを考えてから決めましょう。お休みの日に行くつもりであれば自宅の最寄りが良いですが、仕事の合間に通うのであれば職場の近くがベストでしょう。いずれにしても自分の動線をしっかり考えて、通いやすい立地にあるかをチェックしてください。

 

あと、夜遅くなるケースが多い女性は、駅近であることは非常に重要ですね。人気が少ないマンションの一室などで施術が行われる場合、余計な不安を抱えながら通い続けることになるので事前に確認しておきましょう。

 

予約システムは使いやすいか

 

ほとんどのお店では、予約はWEBか店舗に直接電話をして予約するシステムを導入しています。WEB予約は24時間受け付けてくれますから、忙しい方でも空いた時間にいつでも予約できます。

 

ただし、中には電話予約しか出来ないところもあるので、念のためチェックしておきましょう。そしてもう一つチェックしたいのが、キャンセル待ち予約システムです。最近は公式サイトでキャンセル状況を開示しているお店が増えています。

 

また希望日時を登録しておけば、キャンセルが出た場合に連絡がくるシステムを導入しているお店もあります。忙しいと希望日時に予約が出来ないこともあるでしょう。

 

また、時間が空いたからこの間に施術を受けておきたいということもあると思います。キャンセル待ち予約システムがあるお店なら、時間を無駄にせず施術が受けられるので、チェックしておくといいですね。

 

期限設定に無理はないか

 

脱毛のセットプランは回数ばかりに目がいって、「期限」を見落としてしまうことが多いです。確かに、脱毛はだらだら通うものじゃありません。しかし仕事の都合などで施術のスパンが空いてしまったり、忙しくて通えない月が続くこともあるでしょう。

 

そのため、回数は残っているのに通える期限を過ぎてしまったという方は意外に多いのです。脱毛は最低でも数ヶ月通うものですから、その間に何があるか分かりません。ですので通いきれる期限が設定されているかチェックするのはもちろん、できれば無期限のプランを選ぶのがおすすめです。

 

遅刻やキャンセルのペナルティのリスク

 

遅刻やキャンセルに関しての規定はお店ごとにまったく違います。ただ、脱毛の施術は個室の確保や準備などがありますから、ほとんどのお店ではペナルティを設けています。2日前もしくは前日までに連絡をすれば大丈夫というところが多いですが、当日キャンセルや10分以上の遅刻は厳しいペナルティがあります。

 

ですので、連絡を入れる期限やペナルティの内容などは事前にチェックしておきましょう。自分では絶対に遅刻もキャンセルもしない、と決めていても、急な生理などでやむなくキャンセルする可能性は誰にでもあります。そういった時のためにも、予めペナルティが軽いところを選ぶのがおすすめです。

 

これらのチェックポイントを押さえておけば、自分にとって通いやすいお店を見つけられます。細かすぎて調べられないという方は、無料カウンセリングを利用して正確な情報を手に入れておくといいですね。

アルコールに注意!脱毛前後の飲酒における注意点とは?

脱毛前後には、日焼けをしてはいけないなどの注意事項があります。その注意事項の一つが「アルコール」に関することです。脱毛前後はアルコール摂取の注意点があるので、晩酌など飲酒の習慣がある方はチェックしておいてください。

 

ビール

 

脱毛の前にはお酒を飲まない

 

脱毛の施術を受ける前には、絶対に飲酒をしないでください。アルコールを飲むと、血管の収縮が激しくなるため血行が促進されます。血液の流れが良くなると体温が上昇するので、そこに施術による熱が加わると「炎症を起こしてしまう」かもしれません。

 

また、「痒み」や「発疹」などの症状が出ることもあります。アルコールは分解されて排出するまで24時間以上かかりますから、脱毛当日はもちろん前日から控えましょう。仕事の都合上、お酒の席に行かなくてはいけないとしてもノンアルコールで対応してください。

 

脱毛後ならお酒を飲んでも良い?

 

脱毛後も、できればお酒を飲むのはやめましょう。脱毛をしたあとの肌は、熱を持っているので乾燥しやすくなっています。刺激に弱くなっているため、アルコールを摂取すると痒みが起こることが多いです。

 

また飲酒によって体温が上がると、さらに乾燥が進行します。肌の乾燥は脱毛効果を妨げる原因になるので、効果を下げないためにも施術を行った日はお酒を飲まないのがベストです。

 

お酒が好きな方にとっては、飲酒が出来ないのは辛いことかもしれません。ですが脱毛の前日と当日の2日間だけですから、休肝日だと思って我慢してくださいね。

脱毛前日・当日・後日の注意点まとめ!

脱毛の前日と当日、後日の注意点を守らないと肌トラブルが起こったり脱毛の効果が出にくくなるので、ポイントをしっかり押さえておきましょう。

 

脱毛の前日・当日・後日を通して一番大事なのは肌の状態です。肌が乾燥して荒れていたり、日焼けをしていたりすると施術が受けられません。ですので脱毛に通っている期間中は、いつもよりも丁寧に「保湿ケアを行うことが重要」です。スクラブを使った角質ケアをすると、肌をこすってしまいダメージを与えるのでスキンケア方法にも気をつけましょう。

 

また、脱毛期間中の「日焼け」は絶対にNGなので、紫外線対策は徹底してください。そして前日までにしておかなくてはいけないのがシェービングです。自己処理を忘れると、施術を断られるか有料でシェービングしてもらわなくてはいけません。当日に自己処理をすると、肌が敏感になってしまいトラブルのリスクが高くなりますから、前日までに自己処理は終わらせてください。

 

また施術後は激しい運動はしないこと、入浴ではなくシャワーだけで済ませるようにしましょう。血流を促進するような活動をすると、痒みや炎症が起こることがあるので脱毛前後は厳禁です。これらの注意点をきちんと守り、安全に脱毛が受けられる環境を整えておきましょう。

脱毛中によくあるトラブルの例と対処のポイントとは?

脱毛はカミソリや毛抜きなどを使うよりも、肌に優しいムダ毛の処理方法です。しかしどんなに肌に優しくても、自然に生えているムダ毛を抜くのですから負担はかかります。そのため脱毛中にトラブルが起こることもあるので、どういったトラブル例があるのか、対処のポイントとともにチェックしておきましょう。

 

肌の炎症

 

脱毛はムダ毛に吸収された光が熱エネルギーに変性し、その熱が毛根組織にダメージを与えて発毛機能を低下させるというメカニズムになっています。毛根組織にダメージを与えるには大きな熱量が必要です。

 

ですので一時的ですが肌には大きな熱が発生するため、炎症が起こることがあります。もちろん施術前にジェルでダメージを予防したり、施術後にはしっかり冷却をするので炎症はすぐに治まります。しかし肌の状態によっては炎症が治まらず、湿疹や赤みなどが発症する場合があります。

 

色素沈着

 

肌は熱のダメージを受けると、メラニン色素を作ります。メラニン色素がダメージを吸収することで、肌細胞への負担を減らすのです。しかしメラニン色素が大量に作られてしまうと、日焼けと同様に色素沈着が起こります。

 

といっても、脱毛の施術だけでシミや黒ずみが起こるほどのメラニン色素は作られません。ですが施術後の肌は敏感なので、紫外線や摩擦などのダメージを与えると色素沈着が生じることがあるのです。

 

対処のポイント

 

トラブルを起こさないためには、施術のセルフケアを徹底するのがポイントです。脱毛サロンなどでは、施術後に冷却や保湿ケアをしますが、肌の内部の熱はじわじわと毛根組織にダメージを与え続けます。

 

脱毛サロンのケアの効果は時間とともに薄れていくので、自分でも刺激を与えないようにしたり、保湿を徹底しなくてはいけません。ケアしてもらったから大丈夫と油断していると、施術の負担によってトラブルが起こりやすくなります。

 

脱毛をしている期間は普段以上に刺激に気を付けて、保湿ケアをしっかり行うことが対処のポイントになるのですね。ただしセルフケアを徹底してもトラブルが起こる場合は、施術に何らかの問題があるのかもしれないので、心配な場合はお店に相談してください。

page top